fc2ブログ

暖かい日にほっとします

2012-03-17 15.42.30
暖かい日が続くとお花見の計画をしたくなってきます。
旅行のパンフレットは桜一色です。
桜には希望がたくさん詰まっているような気がして
元気が出ます。
という事で、少し早く桜を選んでみました。
スポンサーサイト



大谷石ミニまちあるきH23

今年もまちあるきを開催しました。
餃子祭りに久喜市から17名のグループでお越しくださった方が加わり賑やかなまちあるきになりました。

R0010362_01.jpg


釜川プロムナード整備が宇都宮市まちづくり推進機構の委員会とボランティア団体の協力で大変きれいになっています。
大谷石を利用したベンチが置かれており、咲き乱れる花を眺めながら休憩のスポットとなっています。

R0010370_01.jpg
R0010371.jpg

旧宇都宮市公益質屋が ダイニング蔵 「おしゃらく」として生まれ変わりました。
いつも混雑しているのですが、今日は餃子祭りにみんな行っている様子で珍しく空いていました。
久喜からいらした方が、ちょっと疲れたからと、最後に「おしゃらく」で休憩を取ってくださいました。
まちあるきの楽しみのひとつにいかがですか。

R0010378.jpg

本日のメイン カトリック松が峰教会です。
今日は結婚式があるので内部に入ることが出来ず残念でしたが、外部の装飾を始め大谷石の魅力を味わっていただきました。
いつ見てもあきることのない建造物です。
改めてみると、設計者のこだわりが随所に現れています。

R0010399.jpg


大谷石ミニまちあるき

11月7日(日)うつのみや人・街・景観フォーラムとのコラボで大谷石ミニまちあるきを行いました。
この日は宇都宮で恒例となった餃子祭りの日でした。
餃子祭りに大勢の人が並ぶので少しまちづくりに貢献してもらおうと企画しました。
DSC00300.jpg
路地裏に残る建造物をめぐっていきました。
日野町通りにこのように大谷石の塀が続く路地があります。
ここは材木倉庫の塀です。大谷石は防火に優れているのでこのようにも使われてきました。
IMG_0168.jpg
路地を抜けると釜川に抜けます。
釜川プロムナードです。ベンチやモニュメントなどに大谷石を用い、きれいに整備されています。
DSC00304.jpg
このようなかわいいお店もたくさんあります。
IMG_0006.jpg
宇都宮のシンボルカトリック松が峰教会です。
双塔をもち、ロマネスク様式でつくられています。この建物はコンクリート造に大谷石貼りしています。
一層目は粗石積み二層目は整層切石積みで安定感のあるデザインです。
大谷石は加工がしやすいのでいろいろデザインが楽しめます。
DSC00308.jpg
2階からの眺めです。この教会を以前ジャズコンサートの催しに貸していただきました。
大谷石の多孔質という特徴は残響効果など響きがとてもよく音響効果も抜群でした。
DSC00314.jpg
ロマネスク様式特徴の意匠がすてきです。
DSC00319.jpg
大谷石の彫刻ではかえるが有名です。
ここの教会の神父さんは宮沢賢治と大変交流が深かったそうです。
数年前にEVを増築した所の雨落としの彫刻を、宮沢賢治の「かえるのゴム靴」のカン蛙としました。
悩んだときはここに来て「かんがえる」事にしましょう。
DSC00309.jpg
大谷石はいろいろな所に使われてきました。東武鉄道の跨線橋です。まだまだ健在です。
東武線跨道橋

大谷石のまち 宇都宮

 宇都宮は国内唯一の「石文化」の街です。仕上げに利用されるような素材としての石の活用はありますが、石蔵に見られるような活用方法は大谷石の特徴です。宇都宮市は戊申戦争と第2次世界大戦と2度の戦災に見舞われています。焼け残った石蔵が、その後の復興を支えてくれました。まちなかに点在する大谷石建造物の魅力と活用をご紹介していきたいと思います。
歴史薫る大谷石建造物を散策
石蔵の魅力を味わう
 
プロフィール

大谷石まちづくり

Author:大谷石まちづくり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR